Thompsonオンラインコースに役立つアプリ

予定でしたら9月からThompsonのオンラインコースを受けるはずだったので、Thompsonの課題に対する話を知り合いから聞いていました。

そこで、いくつか使えそうなアプリを発見したので、今日はそのことについてお話させて下さい。

Thompsonはオンラインコースなので、とにかく「書く」課題が多いらしいです。

そこでは英語のGrammerも厳しくチェックされるそうで、それが減点につながることもあるそうです。

あるインド人の子は、「あなたのGrammerはもう一度見直さないといけない。」と、講師から言われたそうです。

私がもしそんなこと言われたら、本当にショックだと思います。

きっと数日間は引きずりそうです。。。。。

英語は私たちのSecound Languageであって、完璧な文章をAcademicレベルで書くことは本当に難しいことだと思います。

ここで役立つのがGrammer Check App です。

いろいろ調べてみると、無料のものから有料のものまで、選ぶのが大変なくらいありました。

一番ポピュラーなのは『Grammarly』というAppです。

私はPCにGrammarlyをダウンロードして使っています。

Gmailで英文を作成中には、間違った箇所が赤線で警告されます。

長文にも対応していて、無料Appながら素晴らしいと思いました。

でも私がThompsonのオンラインを受講するなら、Grammarlyの有料コースを選ぶと思います。

Grammarlyの有料コースは、研究論文を意識した作りになっているらからです。

なので、Thompsonの課題にはかなり役立ちそうな気がします。

次は、APA(American Psychological Association)Citation Generatorです。

Thompsonでは論文の提出が求められます。

そこで、引用文献や参考文献は、APA Styleに準じて明記しなければなりません。

この作業が結構面倒で、時間がかかります。

私は以前、とあるオンラインコースで論文を提出して、このAPAの書き方を注意されました。

たかが文献でしょ、って思いますがこれがかなり重要視されているのが分かりました。

現在Thompsonのオンラインコースを受けている私の同僚も、このAPAの書き方について指摘されたそうです。

APAには書式があり、ここで役立つのがAPA Citation Generatorです。

ScribberというAppや、Citation Machineというウェブもあります。

是非、活用してみてはどうでしょうか:)

P.S. カナダも日中はすごい暑いです。皆さんも熱中症には気を付けてください★

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *