Categories
LPN RN ケアエイド

予防接種とTB検査について

お久しぶりです!夏休みの間に母が日本から来ていたりなどして、ご無沙汰しておりました。

今日は、カナダで医療系の学校や、就職の際に必ず求められる、予防接種とTB検査についてお話ししたいと思います:)

私達日本人は、出生と共に決められたScheduled Vaccinationがあります。

大抵の人は、そんな大昔の記録は残していないと思います。

私は、母子手帳と自分の記憶を辿って、「これは打った」「あれは打ってない、、、かな?」なんて、あーだこーだ自問自答していました。

そしてたどり着いた結論は、もうきっと全ての予防接種の効力は切れているだろうから、もう一回やり直そう!ということになりました:)

大抵の医療系の学校や就職先で求められるのが、以下の様な予防接種です。

  • Tetanus Diphtheria
  • Polio
  • MMR
  • Chickenpox
  • Hepatitis B
  • TB
  • Flu (in Flu season)

近くのウォークインクリニックでこれらの予防接種は簡単に受けられるので、時間のある時に接種しとくのがいいと思います。

その際必ず、「予防接種をしました」という、証明書若しくはインボイス等を受け取っておきましょう。

後々、証明できるように。

さて、ここで私達日本人にとって厄介なのが『TB』です。

私の時代(1980年代)は、ツベルクリン反応検査は強制接種でした。

その為、BCG接種も強制接種なので、ツベルクリン反応検査ではいつも必ず『陽性』が出ます。

この結果は、日本では良しとされています。

しかし、ここカナダでは、驚かれます。

ばい菌扱いです(笑)

まず、どこでツベルクリン反応検査を受けるかと言いますと、Travel Clinicというところで自費で検査を受けます。

その後、結果は『陽性』なので、胸部レントゲン検査に行かされます。

その後、1か月後くらいに結果が来て、無事に結核の疑いが晴れることになります。

この一連のTBの検査には時間がかなりかかります。

そして、この検査結果の有効期間はたったの1年です。

なので、新しい就職が決まったらまたこの検査を受けなければなりません。

私は、「もうツベルクリン反応検査を受ける意味が分からん」と担当医に言い、直接胸部レントゲン検査に送ってもらいました。

こんな感じで予防接種は時間とお金がかかりますので、もう接種したかどうか分からない~というのでしたら、ボチボチ準備を進めていくのがいいと思われます:)

では、今日はここまでです。おやすみなさい!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *