粘り勝ちのGNIE

お久しぶりです。夏風邪やら歯の治療やらで更新を怠っていました。

今日は私のRe-entry Programの状況について、進展がありましたので、お話ししたいと思います。

結論から報告しますと、GNIEからSeat Offerが来ました。

Thompson からはすでにSeat Offerを頂き、あとはお金を支払うだけの段階でした。

もし、GNIEからまたお断りのメールが来たら、その時はThompsonしかないので、オンラインコースを頑張ろうと思っていました。

でも、やっぱりGNIEが諦められなかったので、Applyはしておきました。

あの時、諦めずに申し込んでおいて本当に良かったと思います。

GNIEはFull-timeなので、今の仕事も辞めないといけないですし、通学も大変です。

だけど、つらい時は支えあえる仲間がいます。

そこがThompsonとは大きな違いです。

GNIEもThompsonも脱落者が出るほどなので、やはり簡単ではありません。

そんな時に相談できる仲間がいることは心強いですよね。

本当に今は、無事にSeatがとれてホッとしています。

今から、この「座席確保」のカラクリについて説明します。

KPUは、「GNIEにはWaiting Listがない」としていますが、「あります」。

これは裏のWaiting Listです。

いくらAdmission Open日にApply して全てのRequirementを満たしていても、前回のIntakeで漏れてしまったApplicantsの方が優先順位が高くなります。

ポイントは、どれくらいの前回落選者が次のIntakeにApplyしてくるかです。

前回落選者の中には、Give upする人もいます。

でも大半は諦めずにApplyしてくるので、例えば、Spring 2019のIntakeに30名前回落選者が期日通りにApplyしているのであれば、たったの5席しか新規Applicantsに割り当てられません(GNIE一回のIntakeは35名)。

ここで大切なのは、必ずIntakeのAdmissionがOpenした日にApplyすることです。

私は夜中の0時と共にApply しました。

そして諦めずにApplyし続けることです。

目に見えないWaiting List に振り回されますが、諦めなければ入れます。

頑張りましょう:)

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *